つれづれ、ことのは

日々のつれづれと、ときどき何か

聖剣伝説 Legend of Mana ~エンディングテーマ~

 

1999年。
私が人生で最も愛するゲームが発売されました。



 聖剣伝説 Legend of Mana

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
媒体はPS1、発売元はスクウェア(現在のスクウェア・エニックス)でした。


聖剣伝説シリーズとしては4作目となるのですが、それまでの聖剣伝説シリーズとはあまりにもかけ離れていたため、賛否の分かれた作品です。


何をしてもいい。何をしなくてもいい。
全てはプレイヤーの自由。

3本のメインストーリーと散りばめられたサブストーリー。
マルチエンディングではありませんが、メインストーリーのうち1つでもクリアすれば、他は何もしなくともエンディングへたどり着けてしまいます。
逆に、全てのストーリーを回収することも、いくつかあるやりこみ要素を100時間以上ひたすらに続けることも可能です。

 
絵本のような、美しく儚さすら感じる世界。

ふざけているような、哲学的なような、心を揺らす言葉の数々。

善も、悪も、正解も、過ちも、自由も、愛も、決してひとつではない。

だからきっと、プレイヤーの数だけ答えがあり、解釈がある。



私はこのゲームを、プレイする哲学書だと思っています。
プレイする度、響く言葉が違う。自分なりの解釈が違う。


最も多感な時期に何度も何度もプレイしたこのゲームは恐らく、私の人格形成に決して少なくない影響を与えたのではないかと思います。

そして発売から20年以上。
時折思い出したように、何度も何度もプレイしました。

 

このゲームに関しては語り始めるとキリがありません。
ですので、エンディングテーマであり、このゲームのメインテーマである1曲をご紹介したいと思います。

 


Song of Mana
作詞・作曲 下村 陽子


【聖剣伝説LoM】Song of MANA 日本語歌詞付き

 

スウェーデン語で歌われる美しい歌。
Legend of Mana の世界観を見事に表している曲だと思います。


作詞作曲はこのゲームの全ての音楽を手掛けている下村陽子さん。
歌っていらっしゃるのはスウェーデンの歌手、アニカ・リュングベルグさん。
ちなみに、こちらの動画でつけてくださっているのは、当時発売されたアルティマニアに掲載されていた訳(意訳)です。


ただひたすらに懐かしく、美しい。

 

もしご興味があればこちらもどうぞ。
公式から出ているプロモーションです。

聖剣伝説シリーズ発売30周年。
何と今年の6月にHDリマスター版として発売されることが決まったのです。
リメイクではなくHDリマスタ―なのが嬉しい。
下手にいじられていたら・・・きっと、同じようには愛せないでしょうから。

HDリマスター版『聖剣伝説 Legend of Mana』プロモーショントレーラー



分かる人には分かる、最初のひと言。
私はこれで泣きそうになりました。

 

 

香りはすれど姿は見えず の、こと

 

テレワークが基本になってから、どれくらいが経ったでしょうか。

 

私は諸事情でコロナ過以前から少々在宅勤務気味ではありましたが、最初の緊急事態宣言が出た後は大幅に在宅寄りの勤務となりました。
緊急事態宣言が解除された現在も、うちの会社では1部屋2人以下態勢が続いており、私の事務所当番は週に2日ほどです。

私は本社の事務員なので直接関わらないのですが、会社の事業は医療系でもありますので何かあったときの会社への負担を思うとどうにも外に出る気にならず。
出ても会社の行き帰りと、帰り道に週に1度の買い出しがほとんどです。
季節の移り変わりにも当然のごとく疎くなり、寂しい限りです。

 

そんな中で今日、久々に普段と違う場所へ行きました。
会社都合のちょっとしたお使いです。

会社から車で40分ほどの場所ですが、以前は行き慣れた道も自粛が続いた今はとても新鮮に映ります。
途中、ちょっとした観光地も通りますが、平日の昼間でも意外と車が止まっていました。
今日は良いお天気で日差しも暖かく、風も久々に穏やかです。
川沿いのそこをお散歩するのはきっと気持ちがよいのでしょう。

距離を保って気を付けて。
春の日差しと柔らかな風をめいっぱい楽しんでいただきたいものです。

 

閑話休題

 

道沿いの木々にはまだ緑は見えません。
まっすぐ伸びた道の先には青い空に映える黒い山並み。
その頂上には白い雪が残ります。

そう。

残る、なのです。
白くなった山を見た記憶がないのに、今年はもう筋状に残るのみになっています。

少し寂しい気はしますが、その姿を見て『美しい』と思える自分にほっとします。
移ろう季節に疎くなっても、まだ自然を美しいと思う心までは失ってはいない。


惜しむらくは、運転中に撮影をするわけにはいかないことです。
せっかくのブログですから、あの景色をご紹介できれば良いのに。
目的地からは残念ながら山並みは見えませんでした。

山並みは見えませんが、ふと、嗅ぎなれた香りをかぎました。
懐かしい、何とも言えず甘くさわやかな、それでいて艶やかな香り。
穏やかな風に乗ってふわりと鼻をくすぐりました。
周りを見渡せど、姿は見えず。

白梅です。

 

以前、梅の果樹園の隣に住んでおりまして。
花の季節、晴れた朝に嬉々として窓を開き、ふわふわと漂い来る梅の香りを楽しんだ記憶があります。
特に雨の後、少し湿気た空気の日の、めまいがするような濃い香りは何とも言えないものがありました。
香るというより、匂い立つ、のほうがきっと相応しい。

結局、香りの主は見つけられませんでした。
どこかの庭から香るのか、もっと遠くから運ばれてきたのか・・・。

 

香りはすれど姿は見えず。
されど香りもまた、季節を思い出させてくれます。

帰り道。
往路とは別の道を選びました。
すると、所々に白いものがぽつ、ぽつ、と。
きっと誰かの元に、優しく香りを届けているのでしょう。
思いがけず、明るい気持ちになったお使いでした。

 

ちなみに。
ただ今勤務中。
お使いで遅くなってしまったお昼休みにこっそりと・・・。

 

 

【図書だより】 ムーミンママのお料理の本 / 作 サミ・マリラ  絵と引用文 トーべ・ヤンソン

 

突然ですが、ムーミンはお好きですか?

 

言わずと知れた児童文学の名作。
スウェーデンフィンランド人、トーべ・ヤンソンの代表作です。

最近のキャラクター化されたムーミンは実はあまり好きではないのですが、原作のトーべ・ヤンソンが書いた挿絵のムーミンたちは大好きです。
可愛いとは言い難いですが、何とも味がありますよね。

実のところ、ムーミンシリーズを読んだのは大昔で、何度も読み返した覚えはあるのですが詳しくは覚えていません。
ミィがおしゃまで生意気で、スナフキンが孤独を愛する旅人で、ムーミンがおっちょこちょいで友達思い。スノークは生真面目でお嬢さんは愛らしく、そしてニョロニョロは得体が知れない・・・くらいのことは覚えています。

 

そんな曖昧な記憶の中でも、不思議と印象に残るキーワードがありました。

 

『パンケーキにジャムをのせて食べる人に、悪い人なんているわけがないわ』

『すべて楽しいことは、お腹にいいのですよ!』

 

ムーミンママの名言です。

 

私は読書は好きなのですが、あまり本を家に置きません。
基本は図書館で読みたい本を借りてきて、どうしても手元に置きたい本だけを購入するようにしています。
そうしないと、我が家に小さな図書館を作りかねないので・・・。

もちろん、お料理の本もほとんど持ちません。
現在、手持ちのお料理の本は3冊。しかもちょっと変わった本です。
そしてその中の1冊が表題の本。「ムーミンママのお料理の本」です。

 

ムーミンママのお料理の本

ムーミンママのお料理の本

 

 

あまり本を買いませんが、これは本屋で目次だけ見て即決でした。

 トーべ・ヤンソンの挿絵であること。
あのムーミンたちが食べていた、ムーミンママのお料理であること。
ムーミンたちの大好物、パンケーキが載っていること。
それだけで十分でした。

 

ムーミンたちはよくポリッジやおかゆを食べますが、その作り方だけでも何と、10種類も載っているのです。

それから、物思いにふけるスナフキンの薄いスープ(「ムーミン谷のなかまたち」)や干上がった水の代わりスノークお嬢さんのベリーのスープ(「ムーミン谷の彗星」)。おうふくびんた(北欧のシナモンロール。ロール型ではなく両端をびんたして潰したような形)に、もちろんムーミンたちの大好物、色々なジャムとパンケーキも。

 

ムーミンの本編には料理の名前や作った人は出てきても、作り方は出てきません。
ですので、あくまでもこの本に載っているのはいわゆる「北欧料理」です。
ムーミンママの(それから仲間たちの)お料理は、北欧の家庭料理なのですね。

おかげで作ろうにも材料が揃わないものもあり、全て作ってみようと思うと中々難儀な本だったりもします。


ですが、見ているだけでも楽しい。
料理の名前や引用文、挿絵だけでも十分に楽しいのです。
ヤンソンさんの誘惑」なんて、お料理名だけでもワクワクしてしまいます。
ムーミン族の清貧の騎士」なんて、いかがでしょうか。

お茶の淹れ方から始まり、温かいもの、冷たいもの、メインディッシュ、デザート、お弁当、風退治ジュースまで、約150種類近いレシピが載っており、楽しく軽快な語り口で紹介されています。
このお料理本自体が、ちょっとした絵本のようにも思えるのです。

 

余談ですが、この本を読むまで、ムーミンたちのパンケーキが日本で食べるパンケーキとは全くの別物であることに気が付きませんでした。
どこかにそれに関する記述があったかもしれませんが、記憶に無いのか読み飛ばしていたのか・・・。

 

オーブンで焼くこのパンケーキ。
簡単なレシピなのに、初めて作った時はあっさりと失敗しました。
生地の量が多すぎて生焼けになってしまいました。良い思い出です。

 

 

ゲームも好き の、こと

 

本が好きです。
でも、ゲームも好きです。

最近はあまりやらなくなりましたが、それでもやっぱり好きです。

小学生の頃。
マンションの隣に住んでいたおじさんがあまりにファミコン(時代を感じますね)をやりすぎるから…と、怒った奥さんが私にファミコンとカセット類を丸っとプレゼントしてくれたのが始まりでした(おじさん気の毒に)。

 

そこからどっぷりとはまり、個人で所持していたゲーム機だけでも、

ファミコン
スーパーファミコン
プレイステーション
Nintendo 64ピカチュウVer.)
プレイステーション
Nintendo ゲームキューブ
プレイステーション4(VR、モーションコントローラーあり)


携帯ゲーム機では、

ゲームボーイ
ゲームボーイ ポケット(スケルトン紫)
ゲームボーイカラー
ゲームボーイアドバンス
ニンテンドーDS
PSP
ニンテンドーDS i
PS Vita
ニンテンドー2DS(ポケットモンスター 緑限定パック)
Nintendo Switch Lite

 

このあたりでしょうか・・・。
PC の MMORPG にも いくつか手を出しましたので、『PC』もゲーム機に含むべきでしょうか。
ちなみに、『家族が持っている』『やったことがある』だけならまだまだあります。


何となくですが、時系列に並べたつもりです。
懐かしいですよね(知らない機種がある方もいるかもしれませんが)。

 

現在は、PS4、PS Vita、ニンテンドーSwitch Lite が現役です。
昔のゲームを思い出した時にやるために、PS2 と 2DS は保存しています。

 

某、ヒゲのおじさまが跳ね回るものやブロックが落ちてくるもの、RPG、格闘、シミュレーション、音楽ゲーム等々色々なジャンルもやりましたが、最終的にはどんなジャンルであれ『ストーリー性』のあるもの、『哲学的』であるものを好む傾向にあると思います。

物によっては20年近く、何度も何度も繰り返しているゲームもあります。
大好きな本を読み返す度に新しい発見があるように、同じようにプレイしていても、その都度 心に響くものが変わります。
そして、中にはBGMを聞くだけで泣きそうになるゲームも。

 

そんな愛読書ならぬ愛プレイゲームが近年リメイクされたりHDリマスターされたりしており、野山を駆け回ることのできない昨今、大人気もなくソワソワしたりもしております。

大好きな本を棚から取り出してゆっくりとページをめくるように。
普段はあまり付けないテレビの画面を、音を。
また愛でるのも良い。

 

そう思う今日この頃です。


お久しぶり、初めまして  の、こと

 

色々、ありまして。


間が空きました。


ほぼ丸1年です。
記事の管理を見るに、最後の記事は昨年の3月20日
お久しぶりではなく、もう再出発、やりなおしですね。
ブログの使い方すら怪しいです。

 

色々、色々ありました。
悲喜こもごも。

 

沢山の本を読みました。

沢山の思いがありました。

自分の中に、沢山の言葉が生まれては消えました。

 

まずはまた、うたかたのように消えてしまう言の葉や思いを書き留めることから。
『とりあえず』、また始めてみようと思います。
またふらっとどこかへ消えてなくなるかもしれません。
そしてまたふらっと戻ってくるかもしれません。

それもまた、良しとします。

 

こんにちは、初めまして、お久しぶりです。

よろしくお願いします。

 

 

明日の夜明け前 の、こと

パソコンがないと不便ですね。
みなさんのブログを拝見しに行くのも、記事を書くのも難儀します。
外泊中ですので我慢ですね。


20日と21日の朝、夜明け前(4時半ごろ)の南東の空。

火星が、木星土星にかなり接近し、双眼鏡でも並んでいるのか確認できるようです。
色の違いなど比べるチャンスですね。

もしも起きられたら(起きていられたら、の方もいるかもしれませんが)ぜひ、南東の空を見上げてみてくださいね


↓詳細はこちらをどうぞ(国立天文台
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/03-topics01.html

【図書だより】恐竜超世界 ~ NHKスペシャル(書籍/DVD)

 

昨年の7月と11月(再放送)に、NHKで『恐竜超世界』という番組が放送されたのをご存知でしょうか?

NHK公式サイト

https://www.nhk.or.jp/special/dino/

最新の研究で分かってきた新事実や進化の秘密を、リアルなCGでダイナミックに動く恐竜たちの映像とともに紹介する番組でした。

まだまだ仮説にすぎない部分も多く、少々誇張も見られる映像ではありますが、製作スタッフは『あえて』積極的にその可能性の数々を採用し、何とも言えない世界を作り出しています。

個人的には、録画して再度見たほど楽しい番組でした。
何せ、恐竜が可愛い。愛しい、愛くるしいのです。
弱肉強食の世界ですから、当然無情さや残酷さもある。
だからこそ、その向こうにある命の尊さや自然の壮大さが際立つのでしょうね。

以前自己紹介で『生きものは、みんなかわいい』と書きましたが、その対象は、今は骨や化石になった古生物たちにも当然及びます。

 

で、ご紹介したいのはこちらです。

 

NHKスペシャル 恐竜超世界

NHKスペシャル 恐竜超世界

 

 日経 NATINAL GEOGRAPHIC 社 からの出版です。

 

先にご紹介したテレビ番組の書籍版なのですが、テレビ版ではカットされている内容や更に詳しい解説、その仮説を採用した根拠などが記されています。

 

特筆しておきたいのは、この『恐竜超世界』が、よく見る北アメリカや欧州の恐竜ではなく、アジア圏の、そして何と北極圏に生息した恐竜にスポットを当てていることです。

昔々の知識だと、恐竜はソテツやシダ植物の生い茂る暖かい土地で、のっそりのっそり暮らしていたイメージですが、北極圏の、雪と氷に閉ざされた世界にも、たくましく生きていたのですね(北極圏や南極から化石が見つかっています)。

 

恐竜が好きな方、恐らくもう見てますよね。

 

動物が好きな方、恐竜に対して興味が無くても、よろしければ見てみてください。
ちょっとだけ、恐竜が好きになるかもしれません。

 

ゲームが好きな方、○ョコボだ!○ルルヤッ○だ!!と、なります。
ぜひ見てみてください。映像の方も、ぜひ。

 

『恐竜超世界』

 

書籍は恐竜への憧れと知識を。
そして映像は、ちょっとしたドラマ仕立てで感動と興味を与えてくれます。

お外にあまり出られない今、ちょっとだけ、『古代』のお散歩はいかがでしょうか。

 

 

DVDもあるみたいです。TSUTAYAで借りられるようです。 ちなみに私は泣きました(笑)。

NHKスペシャル 恐竜超世界 BOX [DVD]

NHKスペシャル 恐竜超世界 BOX [DVD]

  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: DVD